自動車を廃車する前に知っておくと便利な知識をご紹介してますので、是非ご覧ください。ようこそ廃車リサイクルへ

廃車リサイクルTOP>自動車リサイクル

自動車リサイクル

数年前までは自動車リサイクル料金って発生していなかったのですが、なぜ発生したか気になりません?車を使用している人みんなが環境の為に知っておく必要があると思いますので、ご紹介します。

リサイクル料金が発生したわけ

元々、解体業者は廃車する自動車を引き取ったら、中古部品として使用したり、金属をリサイクルしたりして、廃車した車の80%はリサイクルして、その他の20%は産業廃棄物として処理されていました。一時期は金属の価格が低下したことや、車の進化と共に産業廃棄物として処分する時、専門的な技術が必要となるために費用がかさんでしまい、不法投棄を行う業者もでてきて問題になっていたのです。そのまま不法投棄されると、オゾン層の破壊であったり、エアバックが爆発したりして危険があるのです。
そこで、金属核の変動などを参考にしながら、自動車リサイクル法と言うのを取り決めました。この料金で、廃車の処理が行われること、リサイクルとして使用されることを進めるようにしたのです。 ※簡単に説明したので、詳しく情報を得たい方は「自動車リサイクルシステム」を検索してしらべてください。

リサイクル料金

リサイクル料金は新車購入時に支払います。その際、リサイクル料金を支払ったという証明する書面があり、これは車検の時や登録の時に必要になりますので、車検証と一緒に大切に保管しておく必要があります。もし、新車購入時にリサイクル料金の発生が無かった場合は車検の時に支払うことになります。
その料金は、車の種類や、エアコンがあるかないか、エアバックの数や種類、自動車メーカなどによって異なっております。ま、一般的には約6000円から18,000円ぐらいになっております。※車種によって異なっておりますので、それ以上の金額が発生することもあります。

リサイクル料金が発生しない自動車とは

ほとんどの車がリサイクル料金が発生するのですが、対象外の車がありますので確認しましょう。

  • 二輪車(原動機つき自動車、側車付も含む)※二輪車リサイクルシステムというものがあります。
  • 大型特殊自動車、小型特殊自動車
  • 被けん引車
  • その他
    (農業機械、林業機械、公道を走らないレース用自動車メーカーなどの試験車、研究用途車、自衛隊の装甲車、ホイール式高所作業車、無人搬送車)

Valuable information

DMM.com
http://www.dmm.com/

Last update:2014/11/4

※掲載されてるコンテンツ(画像・文章・デザインなど全て)につきましては、無断で使用・複製することを禁じます。
詳細の免責事項はこちらから
copyright C 2009 廃車リサイクル Allrights Reserved.